フラワーギフトとして最高峰の胡蝶蘭

Published by:

 

フラワーギフトは様々なものがありますが、中でも胡蝶蘭は最高級のフラワーギフトとされています。
価格も高く数万円は当たり前、中には5万円を超える胡蝶蘭もあります。

胡蝶蘭に限らず蘭の花の種類はいろいろあるんですが、どれもやはり高いですね、
特に日本の山野に咲く蘭の一種などになると一鉢あたり小さいものでも数万円するとか。

もちろん天然の蘭は美しいのですが、きちんとフラワーギフト用に育てられた胡蝶蘭は特に美しいものです。

ギフトとして最近胡蝶蘭は需要が伸びていますが、これは胡蝶蘭が縁起の良い花だからですね。
例えば胡蝶蘭はあなたを愛するという意味があるんですが、これも恋人はもちろん、家族などにもいい意味で喜ばれます。
だから敬老の日には最近胡蝶蘭を贈る人が増えているんですね。

また、上司の退職祝いにも胡蝶蘭をプレゼントするケースも増えているようです。
このように胡蝶蘭は高級感、縁起のよさから非常に喜ばれる花の一つです。

確かに値段は高いのですが、花も大きい事もあります。
またこの花を贈られることが一種のステータスにもなっているようですね。

私もこの間知り合いの上司が退職したので送ったのですが、大変喜ばれていました。
最初は何を贈ればいいのか迷ったんですが、胡蝶蘭だと贈り物としてはほぼどの年齢の方にも喜ばれるので。

特に白い胡蝶蘭は人気があり、気品さなどからも私も大好きです。

また、知り合いは社長の就任祝いに贈ってもらったようですが、社長室に胡蝶蘭を飾っていたんですがやはり様になります。
花そのものが大きいので存在感もあり、私の中でも大好きな花の一つと言えます。

 

胡蝶蘭のギフトの詳しい情報はここでもたくさんあります、選び方、色の種類などもここを見ながらだとわかりやすいかと。

フラワーギフト胡蝶蘭の選び方

貰った胡蝶蘭の育て方とは?

Published by:

胡蝶蘭って艶やかで美しい花です。

その色の種類はホワイト、リップ、パープル、レモンイエロー、レッドなど様々あります。
最近では女性の方に胡蝶蘭を贈る場合はピンクなども喜ばれるようですが、個人的にはピンクはあまりきれいでない気がします。
胡蝶蘭の場合、やはり花の王様と呼ばれる白が一番ではないでしょうか?

また贈り物として胡蝶蘭をもらった場合に注意したいのがその管理です。
まずは包装されているラッピングなどはできれば取った方がいいですね。

基本的に胡蝶蘭は通気性が大事なのでこれらのラッピングは胡蝶蘭の通気性を悪くします、また根っこが腐って虫が発生しやすくなるので
なるべく胡蝶蘭のラッピングはすぐにはずしてあげましょう。
また植物ということで日当たりのいい場所に置くのはいいのですが、なるべく直射日光は避けましょう。
胡蝶蘭は意外と日差しの強い場所には弱いので適度に日のあたり、あまり長時間日光が直接当たらない場所の方がいいとされています。

その他にも胡蝶蘭を育てる場合水は毎日やる必要はありません。
あまりやりすぎると根が腐ってしまいます。

またエアコンなどの風が直接当たる場所にはおかないようにしましょう。
胡蝶蘭は乾燥にも弱く非常にデリケートな花です。
しかし、そうやって手間暇かけて育ててあげることで来年もまたその美しい花を咲かせてくれます。
ちなみに胡蝶蘭には毒があります、まずないと思いますが、花を食べないようにしましょう。
よくこの胡蝶蘭の美しさから料理に添えて出す場合もあるのですが、食べると食中毒を起こす場合もあります。
胡蝶蘭に限らず、蘭の種類はほとんど花そのものに毒がありますので注意が必要です。

基本的には観賞用の花ということですね。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福」

Published by:

なぜこれだけ胡蝶蘭が贈り物、ギフトなどで人気かというと花言葉が縁起のいい花だからでしょうね。

私も胡蝶蘭を贈り物でもらってわかったんですが、胡蝶蘭の花言葉は「幸せを呼ぶ」「幸せがやってくる」だそうです。
確かにもらった方も縁起もよく、見た目もきれいなのでうれしい花です。

しかしこの胡蝶蘭、送られた側は花が枯れてしまった場合にどうすればいいのでしょうか?
胡蝶蘭の花が咲くのは年に一度とされていますが、花が枯れると花はそのまま地面に落ちてしまいます。
つまり、すべての花が落ちると胡蝶蘭は葉と茎だけになってしまうのです。

ほとんどの人はここで捨ててしまうようですね。

しかし胡蝶蘭は根もしっかりあるのでそのまま育ててもまた来年も花を咲かせて人を楽しませてくれます、
確かに育てるのは難しいのですが、育てる楽しみもできて私はいいのではないかと思うんですけどね。

でももらった方からはそのままおいておいてもちょっと観葉植物としてはさみしいからと捨ててしまうのかもしれません。
フラワーショップによってはまた持って帰ってくれるところもあるみたいですけどね。

花のリサイクルというやつですね。
植物とはいえ生き物ですので用が済んだからと捨ててしまうのはなんだかいい気分はしませんし、しかもお祝でもらった貰い物ですからね。

もちろん相手はそこまで考えてないと思いますが、それでももらった側としてはある程度はしっかり育てることで大事にしてるという意思も見せたいですよね。

それでも枯れてしまったのなら仕方ないのですが、趣味としても育ててみるのも私はいいかと思うんですけどね。

蘭の王様!胡蝶蘭とは?

Published by:

花の中でも特に高級とされる蘭の花、デンドロビューム、シンジビュームと様々な蘭の花はありますが、とりわけ美しいのが胡蝶蘭です。

胡蝶蘭はその花弁が美しく、高級感あふれる花で海外でも高級な花としてホテルなどでも飾られています。
蘭の花はもともと亜熱帯の植物であるために日本などの寒い地方では育てるのが難しく、日本では薔薇よりも高い高級品として贈答品、ギフト、観賞用として使用されます。

霜にも弱いため日本で販売されてる蘭の大半はビニールハウスなどで育てられているケースが大半です。

私も以前胡蝶蘭をお店の開店祝いとしていただいたことがあるのですが、美しく飾っていても様になる花でした。
胡蝶蘭は実際高くて、大輪と呼ばれる大きな花になると数万円はかかります、一般的な鉢植えでも1万円程度するので贈り物としては最適とされています。

様々なタイプの胡蝶蘭がありますが、やはり人気はベーシックな白でしょうね。
また贈り物として喜ばれるのがリップと呼ばれる赤と白の紅白タイプです。
リップは中央が赤く、周囲の花びらが白い紅白の花として喜ばれています。
様々な胡蝶蘭の中でもこれらの色が人気です。
また黄色い胡蝶蘭は金運を招くとして喜ばれています、そのほかにも紫などの色をした胡蝶蘭もあります。

やはりどの色でも花そのものが美しく見た目も豪華なので贈り物には最適とされています。

またギフト用の胡蝶蘭の中には最近ではラッピングの他に花びらに祝いなどのメッセージなどを記載した胡蝶蘭も販売されています。
これらを購入する場合にはあらかじめ予約が必要となりますが、もらった相手からは非常に喜ばれます。

最近では胡蝶蘭は敬老の日や誕生日などにも送られると言われています。